Daxter Music

作曲講座

:現代音楽

contact

現代の音楽

現代芸術とは何でしょうか。絵画や彫刻であればルネッサンス期やバロック期を、音楽であれば古典派からロマン派を頂点に、伝統ある系譜がしっかり出来あがってきたのですが、20世紀に入りそれが半ばくらいになると果たしてどのジャンルが、なんという作曲家が正統的な継承者であるのかがボヤけてしまいました。

芸術においては、ミニマルですとかコンセプチュアルですとか、都合の良い言葉をぶらさげた胡散臭い作品が並びますがそれも一つの潮流なのでしょうか。昔は本当に何もかも敷居が高かったのですが、今は子供じみた作品でも受け入れてもらえる状況になってしまいました。

たとえば以下の曲を聴いてみましょう。

正直なところもっと無愛想なのが30分ぐらい続きますが、音は無造作ではなくそれなりの考えのもとでちりばめられています。名作とはいきません。佳作とも言えません。お世辞コミで無印の「良い」が与えられる程度の作品です。いわば子供じみた作品ともいえるでしょう。絵画でもこういった作品が多いですね。でもこれが正しい音楽と言われたなら、文化は廃れてしまいます。はたしてこの作品に欠けているものは何でしょう。

ページの始めに戻る

現代も昔も本質は変わりません

それは"構成"です。「現代的なアプローチかつ内容のある音楽」を追及・評価するのが現代音楽との正しい向き合い方だと思うのですが、どうもあやふやで様々なコンクールの曲を聴いても先の音楽のような、脈絡にかけたものが多いです。もちろん食わず嫌いもいけません。かの武満徹さんの作品の断片を拾って「スケールや計画性に欠ける」、「旋律性がない」などと論じるのは早計でしょう。はたまた先の音楽のようなものをもってショスタコービチのような斬新さがあるなんていうとんでもない評論がついてしまったりと、悲しい時代なのであります。

ごちゃまぜにしないこと。断片を論じる時もすべてに目を通すことです。20世紀を代表する現代アートにマルセル・デュシャンの泉という作品があります。(名前は爽やかですが実は便器にサインがしてあるだけ)。さらにもう一つの代表作の「大ガラス」も郵送事故にあい破損したまま展示されて喝采を浴びたそうです。しかしこのデュシャンという芸術家にも「階段を・・・」のような傑作があります。問題は「便器だけ」の芸術家が多く、プロセスが無いということです。

そのくらいなら「俺にも分かる」と思われるでしょうが、フィールドペインティングのロスコーや構成主義のモンドリアン、アクションペインティングのポロックあたりが出てくると「どれが優れているのか」という判定には難儀することでしょう。

理解できない分だけ音楽も絵画も行き詰ってしまうのですが、たとえば以下の自作曲「Over the century, era of New Romanism」の1フレーズを聴いてみましょう。

私は音楽も絵画も同じだと思います。構成は構成でもその内容が大切です。ドイツの重さとでも言いましょうか。現代的アプローチのなかにも、理論を超えた本質を封じ込めていかないとなりません。(絵画で例えると)フィールドペインティング系の人たちが超えられない壁があるように、やはり未熟な音楽家さんたちが集まってセッションをやっても、破れない音の壁があります。それは音数の問題ではありません。名人は間違え方まで知っているのです。微妙な差ですがそれは圧倒的な差なのです。

本サイトのテーマであるクラシック、とりわけ古典派やロマン派の音世界は書道などのようなソロワークとも違います。アンサンブルでありオーケストレーションであります。色彩の配置なのです。訓練を重ねていくと、作品ごとの差が認識できるようになります。アプローチと本質はあまり関係ないですし、どのような手段でもそこに本質があれば素晴らしい音楽や絵画なのです。モーツァルトやベートーベンの評価はまったく変わらないように、現代も表現は多様化していますが、今後も音楽の本質が揺らぐことはないでしょう。

人気コンテンツ daxter-music.jp

人気コンテンツ daxter-music.jp